Email : info@newdelhishop.com

A Unit of Dilip Risk Management Services Pvt. Ltd

Call Us +91-9999359510,9212638553




※本商品はストリップ仕様です。ガイド、リールシートは付いていません。


遠投派、キャスティング競技派に超人気のサンダウナーに29号-395が追加になりました。
29号395~43号415まで12ラインナップ。すべてストリップ仕様です。

キャスティングフィールドに立ち、未曾有の弾道を追い求める豪者たちへの挑戦。

#2のブランクスを長くして、投擲時にもっとも力のかかる(シンカーの乗る)部位の強化とスムーズな曲がりを計ったダイワ独自の製竿思想。キャスティングアスリートの普遍的な気概を最新の技術で体現した新たなキャスティングスペシャリティロッド。人は人、それでいい。群れるのを嫌う強烈な個性。独創のキャスタリズム。それがSundowner COMPETITION。

試みの地平に立ち向かう
足元から有効ラインが左右に伸びていく競技コート。どんなに体験値を持ったトップアスリートでも、自身がそこに立つと前方が白みかけて見えるという。緊張と集中、ライバルたちの視線の中にあって想うことは一つ。会心の一投を放つためには?風を読み、投擲へのタイミングをはかるアスリートの頼みとする渾身のロッドであるためにサンダウナーコンペティションは新しい試みの地平線を見据えた。

トップアスリートたちの実戦投入が遠投理論を実証。使いこなすか、挑んでいくかキャスター個々の英知と冒険心の集積 。
競技コートに未曽有の風切り音。種目別にライン、オモリ号数を統一化して競い合う遠投競技。アスリートたちは持てる体力と技術の全てを掛けて勝負に出る。技術とは運動能力とは別に、キャストに使うロッドへの操作追従性も重要だ。ロッドをいかに自身の道具として取り込んでいくか。また逆に自身の力を引き出してくれるロッドというものも存在する。使いこなすか、挑んでいくか。サンダウナー・コンペティションは使い手たち個々の英知と冒険心を触発する。

サンダウナー・コンペティションを、トップアスリートの方々に振って頂いた。元竿がしっかりしている、安定感がある、パワースポットの入りどころが明確である、扱いやすい、いやじゃじゃ馬的な魅力がある。ハイテーパー志向、やや先調子よりの方向か。十人十色のインプレが新しいサンダウナーの多面性を物語る。種目別にイコールコンディションで競い合うアスリートたちだが、各氏のバックボーンには実釣もあり、その練磨と両立の競技者から非常に高い評価を得ることができた。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
29号-395S・Q 3.9 3 162 355 2.6 22.3 99 62500
31号-390S・Q 3.9 3 160 365 2.8 22.3 99 66500
31号-405S・Q 4.05 3 164 375 2.8 22.3 99 71000
33号-390S・Q 3.9 3 160 375 3 22.3 99 71000
33号-405S・Q 4.05 3 164 390 3 22.3 99 77000
33号-425S・Q 4.25 3 164 420 3 22.3 99 83500
35号-390S・Q 3.9 3 160 400 3.4 22.3 99 77000
35号-405S・Q 4.05 3 164 425 3.4 22.3 99 83500
35号-425S・Q 4.25 3 164 455 3.4 22.3 99 90000
40号-405S・Q 4.05 3 164 455 3.8 23.8 99 90000
40号-425S・Q 4.25 3 164 495 3.8 23.8 99 96500
43号-415S・Q 4.15 3 161 515 3.8 23.8 99 103000

【クチコミ製品情報】byマルハチさん 2013年9月16日

実釣で8色オーバーを目標に、ニューコンペ33-405を購入しました。今回初めて、拙者の投げ釣り専門釣具店さんで、ロッドメイキングを依頼しました。発注時に、ロッドの完成図が付いた、ロッドメイキング指示書というものを送ってくれます。細かく注文内容が、確認できますので、勘違い、思い込み等の、間違いもありません。

完成したロッドは、期待通りのきれいな仕上がりで、職人さんの丁寧な仕事が、良くわかります。ブルーメタリックに、シルバーメタリックで飾り巻きしたスレッドは、イメージ通りの落ち着いた色合いです。スレッドの巻き幅も、ガイドに対しバランス良く、一目で気に入りました。

リールシート取り付け強度アップのための、スレッド重ね巻き加工が、標準仕様なのも、万全で納得です。オプションのラメフレーク仕上げは、派手すぎず、控えめな輝きです。

ロッド本体は、割と細身に出来ていますが、所有ロッドの、コンペII31-405と比べ、多少肉厚なので、硬くて張が強そうです。ジョイントの精度が良くなったのか、自分のが当たりなのか、わかりませんが、一番奥まで差し込んでも、ガイド位置調整が、スッと出来ます。

飛距離ですが、3本針仕掛けで、最長7,6色からサビく事が出来ました。遠浅の海岸なので、実測値に近いと思いますが、残念ながら、まだ9色目をサビく事は出来ません。(あと半色が遠いです。)所有ロッドの同号数、旧スピンパワー405BXと比べ、飛距離の差は、ほとんどありません。

実際に投げてみると、思っていたほど、硬さ、張の強さは感じません。どちらかといえば、スピンパワーのほうが、硬いです。またカタログ表示自重よりも、軽く感じ、持ち重りも少ないです。今回少し大きめのガイドを選択し、あえて2番にガイド2つの、セッティングにしましたが、割と投げ易いです。(35号でもなんとかなるかな?と思ってしまいます。)

2番が良く曲がるので、元竿からしっかり押し込めば、かなり力強く錘をはじき飛ばします。元竿をしっかり曲げる事が出来れば、目標のポイントに、届くかもしれません。

まだ数回の釣行ですが、主に固定のL型天秤で、7色先の15cm程のキスの当たりが、しっかり手元に届きました。(5~6色で、10cm程の、メゴチやテカミハゼの、モゾモゾやプルッとした当たりも、確認出来ました。)竿先もそれほど硬くなく、当たりをはじく事はありませんでしたが、むしろ竿先の振動がかなり大きく、キスの当たりを、増幅させる様な気がします。1番のみを持ってもわかりづらいですが、ロッドをつないでみると、かなり竿先がブルブル振動します。(キャスト後の収束が悪いわけでは無いです。)

価格は、コンペIIから据え置きなので、コストパフォーマンスも◎です。コンペIIの33号は、使ったことが無く比較できませんが、ニューコンペ33-405は、割と投げ易くて、良く飛び、感度の良い33号ロッドだと思います。(今後35号にも、挑戦してみたくなります。)

以上の事から、拙者さんのロッドメイキングと合わせて、ニューコンペ33-405は超満足です。


Order For Delivery

●代引き不可 送料無料 光の楽園 [378A100-41] オリーブ90 92405

【全品ポイント10倍(要エントリー) 1ヶ月限定】 【送料無料】 クォーターバック トレーナープロ #028587 【スキルズ: スポーツ・アウトドア その他雑貨 】【SKLZ QB TRAINER PRO】



ダイワ(Daiwa) DR-18009 ゴアテックス プロダクト コンビアップレインスーツ M ブラック 08350512
City:

Address:

Pincode:



Copyright © 2016, New Delhi Shop All Right Reserved Website Design by Krishna Web Services